但馬・丹後の
「いいもの」紹介

特産品

天の橋立ほたるいかくん製油づけ

天の橋立ほたるいかくん製油づけ

天の橋立ほたるいかくん製油づけ(竹中罐詰株式会社)

<製造者の紹介>
明治41年(1908年)の創業以来、日本の缶詰の歴史と共に歩んでまいりました。中身の見えない缶詰だからこそ、缶を開けた時の美しさ、一尾味わった時の美味しさを追及し、良質な缶詰を消費者の方に提供するよう努めています。

<商品の紹介>
旬の新鮮な魚介を熟練の技で丁寧にかつスピーディーに加工し、油づけ缶詰に仕上げています。缶詰の中に小ぶりな魚介が整然と並んだ姿と、一尾一尾の新鮮な味わいが特長です。特にほたるいかは、丁寧に下ごしらえ(目は除去)し、くん製をかけて油づけにしています。

<製造者からお客様へのメッセージ>
沖ぎすは軽い塩味のみ利かせ、極めてあっさりとした風味に仕上げています。ほたるいかはくん製を利かせています。そのままでお召し上がりいただいたり、薬味を添えていただいたりするなど、酒の肴にはもちろんのこと、パスタやピザの具材、ご飯のお供など様々にお使いいただけます。沖ぎす(にぎす)もほたるいかも日本海で水揚げされた旬の素材を使っています。

<その他>

(ここまでの記載は竹中罐詰株式会社様からご提供いただいた資料に基づいています)