但馬・丹後の
「いいもの」紹介

特産品

こうのとり紅白石けん

こうのとり紅白石けん

こうのとり紅白石けん(人、自然にやさしいお店moko)

<製造者の紹介>
もともと、米農家に嫁いだ私は、「人にも自然にも優しい」無農薬米を生産しておりました。しかし、妊娠中に肌のトラブルに悩まされたことがきっかけで、「自身にもお腹の赤ちゃんにも安心安全に使える石けん」を目指して開発したのが『come savon』です。肌の改善がみられることにより幸せな気持ちになり、お肌も、心も楽になります。そんな優しさを形にしたのが「こうのとり紅白石けん」です。

<商品の紹介>
豊岡市の推奨する「コウノトリ育む農法」コウノトリも住める豊かな環境を目指し、多様な生き物の命を育む農法です。豊かな自然環境からは生き物の大切さ、自然のぬくもりを感じます。そこから栽培された赤米のヌカからは、自然を感じて頂くことが出来ます。

<製造者からお客様へのメッセージ>
赤米とは、読んで字の如く、赤いお米です。古代米とも呼ばれ、法王へのお供えや、祝い事に食されたと言い伝えられている縁起の良い高価なお米です。古来より日本人の健康を支えてきた、赤米には、ポリフェノールの1種であるタンニン(カテキン)や、ビタミンE、ビタミンB、ほかにもミネラルなど、白米には無い栄養素がたっぷり含まれています。

<その他>
米農家だからということもありますが、米ぬか油が肌に良いことを知り、無農薬の米ぬか石けん自宅で制作。試行錯誤を繰り返す中で、徐々に私の肌トラブルが快方に向かったのです。いつしか周囲の皆様にもご好評をいただき、今に至っています。自分自身の悩みから解放させてくれた製品だからこそ、自信を持っておすすめできる石けんなのです。

(ここまでの記載は人、自然にやさしいお店moko様からご提供いただいた資料に基づいています)

人、自然にやさしいお店moko