但馬・丹後の
「いいもの」紹介

調味料

朝倉山椒のタプナード(VERT )

朝倉山椒のタプナード(VERT )

朝倉山椒のタプナード(VERT ・ ROUGE) (カタシマ株式会社)

<製造者の紹介>
カタシマ株式会社は1970年に兵庫県養父市で創業し、現在は養父本店をはじめ、豊岡店、丹波店、福知山店、さらにフランス料理店ラ・リビエールの合計5店舗を但馬・丹波地方で運営しています。弊社では近年、「地域資源を活かした商品開発」に力を入れており、地元の自然豊かな風土に育まれた、世界に誇れる事のできる秀逸な素材の魅力をお菓子や料理を通じて広く発信していくことを目標としています。
<商品の紹介>
養父市発祥の「朝倉山椒」を使い、地元フランス料理店のシェフが南フランス伝統のオリーブペーストをベースに開発した、和と洋を融合させて全く新しいテイストの2種類の万能調味料です。フランス語で、緑を意味する『ヴェール』は収穫したての朝倉山椒の持つ爽やかな柑橘系の香りとピリリとした辛味が魅力。赤を意味する『ルージュ』はトマトの酸味と松の実のコクを加えマイルドな味わいに仕上げています。
朝倉山椒は、その昔“豊臣秀吉”が白湯に焦がしてお茶のように飲んだと言われ、江戸時代には生野奉行の間宮直元から“徳川家康”に献上された記録の残るほどの特別な山椒です。そんな日本を代表する香辛料「朝倉山椒」の魅力を存分に味わっていただきたく開発した本品は和・洋・中のさまざまな料理に合う“夢の調味料”として、海外の有名シェフも絶賛する話題の調味料です。
ミラノ国際博覧会2015出品。経済産業省「The Wonder500」認定。養父市特産品「やぶの太鼓判」認定。新聞記事掲載(読売、朝日、毎日、産経、神戸、その他)。テレビ番組紹介(読売系「大阪ほんわかTV」、毎日系「VOICE」、サンテレビ系「ニュース神戸発」、その他)。雑誌掲載(マガジンハウス社「BRUTUS」、枻出版「discovery Japan」、その他)。

  (この記載はカタシマ株式会社様からご提供いただいた資料に基づいています)
カタシマ株式会社