但馬・丹後の
「いいもの」紹介

調味料

こうのとり醤油

こうのとり醤油

こうのとり醤油(大徳醤油株式会社)

<製造者の紹介>
大徳醤油は、四季の温度変化の中で蔵に住み着いた微生物が醤油を醸していくという伝統的製法、天然醸造を変えることなく守っていきます。それは環境に適合した微生物が自分たちのリズムで代謝活動を行い、その結果としてつくる醤油こそが本物だと信じるからです。日本人の長寿を作ったのが「和食」なら、和食を支えたみそしょうゆが体の細胞と響きあう調味料でなければならないと思うのです。

<商品の紹介>
兵庫県但馬地方の豊岡市では、絶滅危惧種であるコウノトリの野生復帰に取り組んでいます。コウノトリも住める環境をつくるため、農薬を減らし、生物の多様性をとりもどす農法が進められています。コウノトリとの共生の願いを込めて、「コウノトリ育む農法」で栽培した大豆と、「コウノトリの舞」の認証を受けた小麦を、但馬の地の多様な微生物が四季の温度変化の中でゆっくり醸した天然醸造醤油です。

<製造者からお客様へのメッセージ>
化学調味料・合成保存料は一切加えず、天然醸造・長期熟成でつくりました。新鮮なお野菜、お魚、お肉のお料理に、「素材力」を引き出す美味しいお醤油を、ぜひお試しください。
(ここまでの記載は製造者大徳醤油株式会社様からご提供いただいた資料に基づいています。)
大徳醤油株式会社