但馬・丹後の
「いいもの」紹介

工芸品

メガネケース(各柄)

メガネケース(各柄)

メガネケース(各柄) (株式会社一色テキスタイル)

<製造者の紹介>
シルクロード東端の地、京都・丹後地方で伝承されてきた丹後ちりめん。
一色ちりめんは、その伝承された技術を使い、シルクだけではなく用途に合わせた糸を使い、婦人服地、和装小物地(半衿地、帯湯地、風呂敷地)の白生地を製造している、丹後ちりめんの織元です。
当社のちりめんは、昔ながらの製法を守り、全て職人の手で1点1点吟味しながら、横糸を大変強く撚り、機織り、精錬して製造した、ジャパンオリジナルの和素材です。この和の素材を皆様に広く知っていただくために丹後ちりめんの中でも、しなやかでありながら丈夫なポリエステルちりめんを使用したかわいい小物の商品を企画しています。手にされたその時から職人たちの想いを感じていただければと思います。

<商品の紹介>
京都の伝統的織物の一つ“丹後ポリエステルちりめん”を使用したメガネケースです。

<製造者からお客様へのメッセージ>
一色ちりめんは、日本の伝統的織物「丹後ちりめん」を現代に生かし、伝統とともに暮らす(ライフスタイル)を提案しています。江戸中期からの製法を守り、染め・加工・製造まで全て日本で行なっています。素材は上質なポリエステルで、吸湿速乾性、通気性にも優れています。「一色ちりめん」の製品は“日常使いの丹後ちりめん”です。
京都・丹後では、ちりめんのシルク着物用白生地製造が主体となっている中で、当社は丹後ちりめんの製造技術の伝承に重きを置き、用途を広げて現在では和装・洋装を問わず、あらゆる生地を製造しています。
(ここまでの記載は一色テキスタイル様からご提供いただいた資料に基づいています)
一色テキスタイル株式会社