但馬・丹後の
「いいもの」紹介

お酒

玉川 大吟醸

玉川 大吟醸

玉川 大吟醸 (木下酒造有限会社)

<製造者の紹介>
 天保13年(西暦1842年)より約170年にわたって、「玉川」の酒造りを継承しております。“すべきことを正直に、惜しまず丁寧に”を信条とし、日本酒の旨味にこだわった酒造りを行っています。平成19年よりイギリス人のフィリップ・ハーバーが杜氏を務めており、生酛系酒母・酵母無添加で造る『自然仕込』。江戸時代の製法を再現した酒など、挑戦的な酒造りで玉川の新たなファン層をつくりだしています。
<商品の紹介>
玉川の吟醸全体の特徴は食事に合う「味吟醸」であること。大吟醸クラスも例外ではありません。香り高い酒がトレンドのこの時代、あえて香りを抑え、米の風味の豊かさが伝わる酒に仕上げております。玉川 大吟醸は当蔵の大吟醸部門で最も飲まれ、玉川の輸出商品トップバッターとして海外でも人気の商品です。
口にふくんだときの滑らかでしっとりした舌触りと品のある香り、長く続く上品な旨味の余韻をお楽しみ下さい。スパイシーなエスニック料理とも意外な相性のよさを見せます。

<製造者からお客様へのメッセージ>
商品ラインナップの豊富な玉川は、和食だけでなく洋食でも、前菜からデザートにいたるまで多様な料理と共にいただけるお酒を、新酒から熟成酒までご用意しております。

  (ここまでの記載は木下酒造有限会社様からご提供いただいた資料に基づいています)
木下酒造有限会社